カラオケ大好きな管理人のサイト

年末年始という楽しいシーズンに、カラオケボックスでアルバイトをしている自分は寂しい人間だと思いました。

年末年始にカラオケでアルバイトをする私

カラオケ大好きな管理人のサイト
「いらっしゃいませ、こんばんわ。何名さまでしょうか」と、来られたお客様に対して聞き、それにあった部屋に案内することが私の仕事です。私は今、カラオケボックスで受付のアルバイトをしているのですが、昨年は年末年始にも仕事に入り、しかも丸1日中働いていました。年末年始に来られるお客様というと、その多くは飲み会の帰りであったり、忘年会、新年会の2次会として利用されるお客様でいっぱいです。そんなカラオケボックスで働いている私は、昨年の年末年始の仕事中、自分は一体ここで何をやっているのだろうかと、つい寂しくなってしまいました。私が昨年、年末年始にも関わらずアルバイトをしていたのは、急遽実家に帰る必要がなくなったからでした。それは、私の妹夫婦が両親の実家に泊まることになったため、独り身である私が行ったところで邪魔になると考えたからです。そうして一気に年末年始に暇ができてしまった私は、アルバイトに入れてもらうことになりました。

カラオケの受付で立っていると、これから部屋に入られていくお客様のわくわくした顔や、反対に帰られるために部屋から出てきたお客様の満足そうな顔を見ることになります。私はこの光景を目の前に、自分もこのように遊びたかったなと思ってしまいました。しかし、時はすでに遅く、友人たちにもそれなりの予定がありました。昨年は1人ぼっちで過ごした年末年始でしたが、今年こそは何かと予定を入れて、充実した年末年始を送りたいです。


Copyright(c) 2017 カラオケ大好きな管理人のサイト All Rights Reserved.